日本ウクライナ・モルドバ友好協会は、両国の発展を目的とするNPO法人です

ごあいさつgreeting

メニュー

リンク

ウクライナ、モルドバへのNPO法人活動

チェルノブイリ立入禁止区域管理庁所属

国立特別企業≪ラドン≫

ウクライナ、モルドバへのNPO法人活動

人体防護健康食品≪MYKOTOH≫

ウクライナ、モルドバへのNPO法人活動

放射能汚染防護システム構築企業

ウクライナ、モルドバへのNPO法人活動

ペトロフ工学博士

(チェルノブイリ原発事故後からチェルノブイリにおいて研究)

ウクライナ、モルドバへのNPO法人活動

モルドバ日本交流財団

モルドバ国内で唯一公的に認可されている日本語教育機関として、幅広い分野での交流を基本とした文化事業を実施

ごあいさつ

2004年より理事長 本間勝人が個人的にウクライナ国及び、モルドバ共和国の恵まれない子供たちへ支援を行ってき
ました。このことに共感された友人たちが協力し、NPO法人を2007年8月に立ち上げました。
「NPO法人 日本ウクライナ・モルドバ友好協会」は、日本とウクライナ、モルドバ両国との文化や事業交流に
おいて、その架け橋になるべく設立されたNPO法人です。

私どもは両国の恵まれない子供たちの養護施設などへの支援活動や両国での文化事業に関するお手伝いをメインとし
て活動してきましたが、ここにきて中心となっているのが福島をはじめとした被災地復興に向けた支援と協力であり
ます。

2011年3月11日に起こった東日本大震災は、今でもなお被災地に大きな爪あとを残しています。中でも原発破
壊によってもたらされた放射能への恐怖は、おそらく福島だけでなく日本全体がこれから半永久的に背負っていかな
ければならない問題だと考えています。

皆さんご存知の通り、ウクライナでも1986年4月にチェルノブイリ原発事故が発生しました。事故は甚大な被害
をもたらしただけではなく、今でも後遺症に苦しんでいる住民が数多くいらっしゃいます。福島の原発事故が起こっ
たあと、われわれNPO法人には多くのウクライナの関係者から「何とか日本の力になりたい」と連絡をいただきま
した。
彼らは世界で唯一の経験に基づいた復興への確かなノウハウを持っています。除染にはじまり住民のメンタルケアに
いたるまで、少しでも取り入れるものは取り入れるべきだと強く思っております。

わがNPO法人ではウクライナで実際に復興作業に関わってきた政府や医療等の数多くの関係者に福島を視察しても
らい、多くの意見や復興支援への約束をいただきました。
NPO内に支援事業部を創設したのも、少しでも苦しんでいる住民の方々や子供たちの将来のために尽力したいとの
思いからなのです。

NPO法人として様々な傷害を乗り越えつつ、日本、ウクライナ、モルドバ、そして被災地のために力になりたいと
考えておりますので、よろしくお願いいたします。

NPO法人 日本ウクライナ・モルドバ友好協会

理事長 本間勝人